カテゴリー:子育ての記事一覧

子育てのもやもや解消しちゃおう.com

妊娠中、子育てのこと、ママの体型戻し、ダイエット、もやもや悩みを解消しちゃおう!

カテゴリー:子育て

算数を苦手にしないために、中学年・高学年のときのおすすめ学習方法

前回、算数の苦手予備軍はたし算・ひき算から始まっている事と

苦手なところまで戻る事も必要ですというお話をしましたが、

今回は中学年以降の苦手の見つけ方や学習方法などを

お話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

算数を苦手にしないための学習方法~中学生、高学年編

 

 

わり算のひっ算が始まったら確認しよう

 

中学年になるとわり算のひっ算が登場しますが

皆さんはわり算のひっ算、得意でしたか?

小学生のころの私は、わり算のひっ算が本当に苦手でした。

私の場合は、なかなか商が立てられず時間がかかっていたのですが

皆さんはどうでしたか?

人それぞれに、「ムムッ」と思うポイントや

嫌だなと思う箇所があったかと思います。

確認のために、ちょっと昔を思い出しながら

一緒にわり算のひっ算をやってみましょう。

 

 

例えば・・・

「369÷15」をひっ算でやってみると

 

  24

15)369

30 

69

 60

 

このようになります。

まず、36÷15の計算をします。これはわり算です。

答えは2なので2と書いたら確認のために

15×2を計算します。ここでかけ算が登場しますね。

これをひっ算で書いてみると

 

15

× 2

10

 2 

30

 

このようになります。

かけ算のひっ算の中にたし算も含まれますよね。

 

次に36-30を計算します。

ひき算もでてきました。

 

と、こんな風に計算を進めて答えと余りを出していきます。

 

お気付きでしょうか。

そうです!

わり算のひっ算には、これまで学習してきた

全ての計算が凝縮されているんです。

凝縮されているということは、

わり算のひっ算を解く過程を観察すると

その子がどの段階で手が止まってしまうのか

つまり、どの計算が苦手なのかがわかるんです。

 

たし算の繰り上がりの計算が苦手なら

たし算のひっ算を重点的に復習すればいいですし、

余りを出すためのひき算が苦手なら、

ひき算のひっ算を復習する。

かけ算に手間取るようなら

九九を1分以内に暗唱できるようにするなど

九九を完璧に覚えてしまえばいいですし、

わり算の商を立てるのが苦手なら

九九の逆をたくさん復習すればいいんです。

 

こんな風に、わり算のひっ算は子供の現状把握と

復習のポイントが一目でわかるとても優秀なツールになります。

是非、分数が始まる前にこれら4つの計算をスムーズに

解けるようにしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

百聞は一見に如かず~イメージしてみてください

 

高学年になると、いよいよ分数の計算が始まります。

通分やら約分やら、ややこしい物も登場しますよね。

でも実は、子供たちが分数嫌いになる一番の原因は

分数が何なのかがよくわからないところにあります。

概念がない・・・というと一番しっくりくるでしょうか。

 

一つの物を8個に分けたうちの1個分・・・8

教室を開いていた時も、これがイメージできない子が多かったです。

そこで皆さんにお勧めするのが、「実際にやってみよう作戦」です。

 

リンゴでもケーキでもピザでもいいです。

お子様と一緒に切り分けて、実際に数えてみると

それまでイメージできなかったものがすんなり頭に入ります。

この時に一緒に約分も習得してしまうと後が楽になりますよ。

 

例えばピザを8等分します。そのうちの1枚が8

 

2枚分が8 になります。

 

切ったピザを今度は2つずつくっつけて4等分したように見せます。

 

4等分したうちの1枚が4 です。

あら?8等分したうちの2枚と同じ大きさになりますね。

 

そうです。これが約分です。

実際の約分の計算はわり算ですが、

概念を知ってもらうために試行錯誤しながら試した中で

この方法が一番子供たちの理解が早かったので

ここでご紹介させていただきました。

是非、お試しください。

 

 

まとめ

 

算数は、中学以降で学習する数学のいわば準備体操のようなものです。

子供たちが中高生になって数学で苦労しないよう、

是非、早い段階で苦手を克服させてあげましょう。

算数を苦手にしないためにの対処法~低学年からが大事!

突然ですが、小学生のお子様がいらっしゃる方に質問です。

ご自分のお子様は「算数がすき」だと思いますか?

もしお近くにお子様がいたら聞いてみてください。

 

どんなお返事が返ってきましたか?

 

「好き」

「嫌い」

「嫌いじゃないけど・・・」

こんなお返事が多かったのではないでしょうか。

 

以前、学習塾を開いていた時のお話です。

入会前の面談の時に、子供たちに同じ質問をすると

殆どの子が、「嫌い」もしくは、「嫌いじゃないけど・・・」と答えました。

中には「好き!」と笑顔で答えてくれる子もいましたが、稀でした。

そして、「好き」と答える子は低学年の子が多かったんです。

 

学年が上がるにつれて「好き」が減っていくのは何故だろう?

って不思議に思いませんか?

私はとても不思議に思ったので、子供たちに直接話を聞いてみました。

 

低学年の子たちからは、

「たし算・ひき算が難しい」という意見もありましたが

「簡単だから好き」

「面白いから好き」

というポジティブな意見が多く聞けました。

 

しかし、中学年の子たちからは

「面倒くさい」

「覚えられない」

など、ちょっとネガティブな意見が増えはじめ、

 

高学年の子たちからは

「分数・少数がわからない」など

「わからないから嫌い」という意見が圧倒的に多くなりました。

 

 

ここで皆さんに質問です。

低学年・中学年・高学年と子供たちの話を聞いてきましたが

何故、高学年になると「算数がわからない」という子が増えると思いますか?

 

その答えを紐解きながら、算数を苦手にしないための対策を

実体験を交えながらお話していきたいと思います。

 

 

 

 

算数苦手予備軍は低学年にいる!

 

 

皆さんもご存じの通り、算数の中でも特に計算の部分は「積み重ね」の教科です。

積み重ね=階段をイメージしてもらうといいでしょう。

一段目の内容ができないと二段目ができない。

算数の計算は、このように考えられます。

 

先ほどの子供たちへの問いかけの中で、注目したいのが

中学年の「面倒くさい」という回答です。

これは、かけ算・わり算のひっ算が始まる頃によく聞かれます。

例えば、ひと桁同士のかけ算は、九九を覚えれば何とかクリアできますが

ふた桁以上のかけ算になるとひっ算を使って繰り上がりのたし算も

やらなければならなくなります。

これが「面倒くさい」の正体です。

 

私は、面倒くさいと答えた子供の多くが

繰り上がりのたし算が苦手なことに気づきました。

 

また、わり算のひっ算が面倒くさいと思っている子は

ひき算のひっ算が苦手でもありました。

 

ここからわかる通り、算数が苦手な子供の予備軍は

低学年から存在していることが明らかになりました。

 

算数が苦手なお子さんのためには戻る勇気も必要!

 

スポンサーリンク

 

 

子供はひとりひとり、習得するペースが違います。

一度でマスターしてしまう子もいれば、

二度、三度繰り返さないとマスターできない子もいます。

でも、学校では全員がマスターできるまで待ってはくれません。

こうして、たし算・ひき算が完全にマスター出来ないまま

次のかけ算に進むとどうなるでしょう。

「面倒くさい」が生まれんです。

 

子供に「面倒くさい」と言わせないために

学校では絶対にしてくれないことをしなければなりません。

 

それは「戻ること」です。

 

3年生の子

 

供が、1年生で習うような簡単なたし算・ひき算に戻るのは

子供も、親もプライドが邪魔をしてなかなか踏み切れないものです。

でも、学校で習った時には1年生だった子供は、この時3年生なんです。

当時と比べたら理解力や集中力が格段にアップしています。

きっと、2年前よりも簡単にマスターでき、

子供自身も「できる!」

という自信が持てるはずです。

 

 

 

問題が無料でダウンロードできるサイトもありますので、

練習には百ます計算などを利用するといいでしょう。

簡単なたし算・ひき算の答えが

「パッ!」と出るように演習を重ねてください。

このように、少しずつ算数の計算レベルをあげていけば

アッという間に授業に追いつけるようになりますよ。

 

もちろん、この方法は今現在、たし算・ひき算を学習中の

1年生・2年生にも効果抜群です。

是非、ご家庭でお子様とタイムアタックなどの遊び要素を

取り入れながら楽しく学習してください。

 

 

まとめ

 

今回は低学年のたし算・ひき算が6年間の算数生活の基礎になることをお話しさせていただきました。

 

算数を苦手に感じているお子さんには今の学年より戻ってから始めるというのが一番おすすめです。

 

次回は中学年・高学年ではどのようなつまづきが起こりうるか。

その場合の対処法などをお話しできたらと思います。

 

 

幼稚園生の子どもがひとりで遊んでばかり……。お友達の輪に入れないのでは?そんな心配を解消するには

今は小学校2年生の長男が幼稚園生の時の話です。

年少さんから幼稚園に入園し、新生活に慣れてきた頃。

幼稚園の保護者参観で、ふとあることに気づきました。

「うちの子、お友達とではなく、ひとりで遊んでいるみたい……」

砂場で黙々と砂を積んで小山を作る息子。

周りにお友達はいるのですが、一緒に遊ぶ様子も会話する様子もありません。

今日だけかしら、とその時は思っていました。

次に用事があって幼稚園に行くことがあり、室内で自由遊びをする長男を見ました。

今度はひとりで積木遊びしていました。

やっぱりひとりで、黙々と積み木を積んでいました。

 

もしかしてお友達が全然できないのでは・・・そんな心配をお持ちのママに

体験談を交えて紹介していきますね。

 

 

 

 

 

 

不安!!幼稚園でお友達の輪に入れない?

 

ひとり遊びは家でも出来る。

せっかく幼稚園に来ているのだから、お友達と楽しく遊んでほしい、とその時の私は考えていました。

お友達の輪に入れないのかしら、お友達とうまく付き合えていないのかしら……。

と心配していました。

長男はおしゃべりな子ではなかったので、自分から園の様子を話すことはなく、聞いても要領を得ません。

けれど、幼稚園は楽しそうに行っており、本人に気になることがなさそうだったので、見守ることにしました。

 

お友達の輪に入れないのではなく、ひとり遊びに夢中なだけ

 

幼稚園に行く用事があるたびに、長男の様子をよくよく観察していました。

そうすると、時々お友達から話しかけられているのを見るようになりました。

長男とお友達は二言三言話して、それぞれの遊びに戻っていました。

そのまましばらく一緒に遊んでいることもありました。

ひとりで遊んでいるときも、お友達といるときも、長男の表情はあまり変わりません。

どちらのときも目の前の遊びに真剣で、楽しそうです。

長男は、お友達の輪に入れないわけではなく、ひとり遊びが楽しいんだ。

だからと言って、友だちと遊ぶのを拒否しているわけではない。

これは長男が自然体で遊んでいる姿なんだ。

私はそう気づいて、心配するのをやめました。

 

スポンサーリンク

 

4歳の後半頃から、本人の視野が広がって友達と遊ぶようになる

 

それから4歳の誕生日を迎え、年中クラスに進級しました。

長男は相変わらずひとり遊びをしていましたが、年中さんの秋頃から遊び方が変わってきました。

長男がしている遊びに興味を持ったお友達が、真似をして一緒に遊ぶようになったのです。

その頃の長男はだんだんおしゃべりが増えていて、お友達を交えてごっこ遊びを楽しむようになりました。

自分からお友達に話しかけるようにもなりました。

思うに、ひとりだけの世界に入って集中して遊ぶのが楽しかった時期から、周りのお友達の存在に気づいて一緒に遊ぶ楽しさを知る時期に入ったのでしょう。

他の黙々と遊ぶお子さんを持ったお母さんたちと話していても、年中さんの後半あたりからお友達と関わるようになってきたと聞くことが多かったです。

 

子どもをおおらかに見守りましょう

 

親は「こうあってほしい」という理想を考えたり、先回りして心配したりしがちです。

しかし、子どもには自分の世界があり、ペースがあります。

おおらかに見守ることが必要なのではないでしょうか。

とは言え、私も心配な気持ちから、長男に「もっとお友達と遊んだら」なんて余計なことを言ったりしていました。

途中からそれは良くないのかもしれないと思い、幼稚園の先生に長男の様子を聞いたり、周りのお母さんと話をしたりして、気持ちを溜め込まないようにしていました。

親の不安は、子どもによく伝わります。

子どもに余計な心の負担を与えないように、気をつけましょう。

 

これは私と長男の体験談であり、誰でもそうだというわけではありません。本当にお友達との輪に入れなくて困っている子どももいるかもしれません。

子どもの様子をよく観察し、必要であれば幼稚園の先生に相談しましょう。

同じ保育園・幼稚園から入学するお友達がいなくて心配なお母さんへ~対処法とは

お子さんの小学校入学、おめでとうございます。

ランドセルやさまざまなお道具を揃えながら、新生活に備えているところでしょうか。

お子さんも小学生になるのを楽しみにしているでしょう。

そこで心配になるのが、新しい環境に早く馴染めるかということ。

お友達が出来るかどうかが大きな要素になります。

今通っている保育園や幼稚園から同じ小学校に通うお友達がいたら、同じクラスになる可能性もあるでしょうし、お子さんもお母さんも心強いでしょう。

でも、同じ小学校になるお友達がいなかったら心配ですね。

実はうちの息子もそうでした。

我が家の体験談をお話します。

 

 

 

 

同じ幼稚園から小学校に入るお友達がいない!そんなときの入学時の状況は?

 

現在小学2年生のうちの息子が通っていた幼稚園は、小規模だったので同学年のお友達が少なく、同じ小学校に通うのは息子を含めて2人。

 

もう一人は女の子で、一緒に遊ぶような仲良しではありませんでした。

息子はひとり遊びが得意で、自分からお友達を誘うタイプではありません。

小学校の周辺には大規模な幼稚園が2園あり、そこの園児で各クラスの4分の1は埋まると聞いていました。

 

もともと同じ園のお友達でグループができてしまい、息子は入れないのではと心配していました。

 

同じクラスの子は全員初対面

 

入学式当日。

入学前に聞いていた噂では、人数が少ないと同じ園のこともが同じクラスになることが多いと聞いていました。

しかし、蓋を開けてみれば同じ園の女の子とも別々のクラスに。

息子は全員初対面の子どもたちに囲まれることになりました。

 

スポンサーリンク

 

いきなりお友達ができた

 

入学式を終え、各教室で先生から説明を聞いているときでした。

息子が隣の席の男の子と何やら話をしているのです。

クスクス笑って楽しそう。

帰りには「この子同じマンションなんだってよ!」と元気に教えてくれました。

我が家は当時大型マンションに住んでいました。

同じ敷地に何棟かあって、その男の子は違う棟だったそうで、お互い知らなかったけれど共通点を見つけて仲良くなったようでした。

翌日も「同じマンションの子がほかにもいた!」「習い事が同じだった!」と新しいお友達の名前を教えてくれました。

小学校の学区は狭いので同じ行動圏のお友達が多く、話題が多くて話しやすいようでした。

それに、担任の先生がお友達ができるように働きかけてくれていました。

なにより小さな子どもたちは誰に対してもフレンドリーで、大人が思うよりも相手との壁が低く、どんどん親しくなっていきました。

 

子どもの力を信じて見守ろう

 

新しい環境へ飛び込む時は、親のほうが子ども以上に心配しがちです。

実は子どもはあまり不安がっていないことも多いのです。

子どもの力を信じて、見守りましょう。

きっと子どもの成長と新しい面を発見する機会になりますよ。